手続きができる人

天秤

遅れたら元の契約に戻る

借金の返済に困ったら任意整理をすればいい、そう簡単に考えるのではなくこの手続きをするためには利用条件があります。その条件とは、自己破産のように全額借金が無くなるのではなく借金はいくらか残ります。その借金を返済していかなければなりませんので、3年〜5年は継続して返済をするのである程度の収入は必要になります。無職であったり生活保護を受けている人は、任意整理をすることが難しくなります。ただ、安定した収入があればいいので、フリーターやパート・アルバイトをしている方でも行うことができます。主婦の方であっても家族から収入があり支払いが見込めるのであれば問題がないです。しかし、安定した収入があるからといっても弁護士に依頼して任意整理後の減額された借金を原則3年または5年以内に返済ができるかがポイントとなります。任意整理後の返済ですが、直接金融業者に返済する場合と弁護士に返済額を振り込んで弁護士事務所から整理した各債券業者に振り分けて返済する方法があります。複数社を任意整理した方は、後者の返済方法が便利です。順調に返済をしていっても返済途中で、収入が下がったなどで返済が厳しくなってしまう事態もあります。そうなった時に、また返済が滞ってしまうとせっかく任意整理をして借金の負担が軽くなったのに、和解内容通りの返済ではないということで元の契約に戻ってしまうこともあります。そうならないようにも任意整理をしてもらったからといって安心せず、返済管理には注意することです。