どんな時に適用されるのか

ジャッジガベル

基本と3つの種類

債務整理には基本的に3つの種類があります。「任意整理」と「個人再生」そして「自己破産」の3つになります。それぞれには特徴があり、メリットデメリットも違います。かかる費用や期間、申請を行う為の条件など様々です。その中でも「任意整理」この3つの中では比較的に続きが簡単でデメリットもすくない方法です。債務整理は負債を抱えている状態で、支払い能力が追いつかず返済が困難な場合に取られる手段です。申請の申立てが通る事で、高き利息のカットや負債の減額、もしくは免除など負債の負担を軽くする事ができます。任意整理は高い利息をカットする事により返済額の減額を行います。この時「利息制限法」に基づき、決められた利息以上の金利を支払い続けた際には過払い金が発生している事もあります。任意整理を弁護士に依頼する際にはそちらの説明を受ける事もできます。過払い金は通常払わなくてもいい利息分を支払い続けている事になるので申請する事により返ってくる可能性もあります。この際、弁護士事務所には成功報酬として事務所が決めた割合の金額を過払い金から支払う事になります。しかし任意整理を行った際の返済プランには弁護士への依頼料の支払い分なども含まれて計算されています。返済期間は基本的には3年から5年と決められています。負債を抱えてしまい、支払う事が困難になってしまった場合には早い段階で任意整理などの解決策を行う事が重要になります。