返済に追われて生活苦

ジャッジガベル

借金減額の手続き

毎月返済をしているのに借金が減っていない、生活が苦しいなど借金でお困りの方に任意整理という方法があります。借金の負担を軽くすることができる手続きですが、自己破産や個人再生よりも手軽に手続きができ早期に解決、費用もそれほどかからないことから人気の債務整理です。任意整理とは具体的に、弁護士や司法書士が貸金業者との間に入って借金額や返済方法について交渉、和解契約を手続きする手続きです。そのためにはまず、貸金業者から契約開始から直近までの取引履歴を取り寄せます。利息制限法以下の金利に引き直し計算し過払い金があれば、減額交渉を行います。減額だけでなく将来利息のカットも行うことができます。任意整理を行うことによって、減額と将来利息がカットできるので和解成立後は元金のみの支払いになります。和解で確定した債務額は今後利息が積み重なって増えていくことはありませんので、安心して返済をしていくことができます。ただし、任意整理の手続きは裁判所が関与しないので強制力がなく弁護士の交渉力が必要になってきます。そのため減額要求に応じないこともあります。減額要求は応じても返済は一括でと条件をつけてくる貸金業者もあります。債務整理に強い弁護士に依頼をすることです。債務整理に強いかどうかは、全国展開している大手事務所がおすすめです。月に何百件と借金問題の依頼を受けます。そのため、相談実績やあらゆる事例の解決例、ノウハウなどが蓄積されています。