返済負担を軽減させる

バッジ

将来利息をカットできる

任意整理のメリットは将来利息や遅延損害金をカットできることです。消費者金融の金利は、15%〜18%で契約されている方がほとんどです。非常に高い金利です。100万円を5年かけて毎月分割で返済していくとなると、利息の支払いだけで40万円近くにもなるのです。任意整理をすると減額させることもできるのですが、減額できる人は過払い金が発生している方です。過払い金が発生していない人は、減額することは厳しいですが将来金利をカットできるだけでも実質的にかなりの減額が可能と捉えることができます。また将来利息だけでなく遅延損害金もカットすることができます。遅延損害金とは、期日まで返済ができなくそれが長期に渡って返済の意向がなく契約通りの通常返済をしてくることが難しいと債権者が判断すれば金利が20%になるのです。この分もカットすることができるので、返済負担がかなり楽になります。また、債務整理には任意整理以外にも個人再生や自己破産があります。個人再生は借金を5分の1位程度まですることができますが、利用する条件が厳しく手続きには半年程度かかります。自己破産は借金全額免除することができますが、自分の財産を一部失うデメリットがあります。他の債務整理と比べると任意整理は、債権者との交渉だけで行える手続きで、弁護士依頼から最短で2ヶ月〜3ヶ月程度で和解まで成立することもありますので、手軽に行える借金減額法であり人気があります。