減額できなくても

説明

将来金利を免除できる

任意整理をすれば、だれでも借金が減額してもらえるわけではないです。任意整理で借金の減額をするには過払い金が発生していることです。過払い金が発生する条件とは、利息制限法で定められた上限金利(限度額に応じて15%〜20%)を超えた違法な金利で、5年程度は最低でも取引をしていると発生している可能性が高くなります。そのため、契約当初から法律の範囲内の金利であった、違法な金利ではあったが取引期間が短いとなると過払い金が発生していない可能性があるので、任意整理をしても減額効果がほとんどないこともあります。そうなると、任意整理をしても意味はあるのかとなりますが、減額することだけがこの手続きの特徴だけでなく将来金利もカットをさせることができます。将来金利とは、和解成立日以降の金利をカットする手続きです。そのため任意整理をして債務金額が確定すれば、それ以上借金が増えることはないのです。もし、任意整理をせずに100万円の借金を15%で5年かけて返済をするとなると返済総額は140万円程度になります。100万円の債務を任意整理をして将来金利をカットしてもらうことができれば、トータルで返済する金額を大分抑えることができます。基本的には将来金利はカットできるのですが、経過利息もあります。経過利息とは、債権者に受任通知を発送して和解が成立するまでに発生した利息です。これをカットできるか弁護士の交渉力による部分もありますので、債務整理に強い弁護士を選ぶことです。