説明

減額できなくても

任意整理をしても過払い金が発生していないことには借金を減額することができないです。減額出来なくても将来金利はカットすることができますので、任意整理をしなかった場合と比べても大幅に借金返済総額を抑えることができます。

ジャッジガベル

どんな時に適用されるのか

負債を抱えて支払う事が困難な場合にはまず弁護士事務所に相談しましょう。その後現在の負債額などから任意整理や自己破産など状況に合った債務整理を提案してもらえます。なるべく早い段階で手を打つ事が重要です。

ジャッジガベル

返済に追われて生活苦

借金返済に追われて生活苦、返済しているのに借金が減らない人は、弁護士や司法書士に依頼して任意整理をすることです。自己破産や個人再生をするよりも手続き期間も短く費用もそれほどかからないことから人気の債務整理です。

バッジ

返済負担を軽減させる

任意整理の最大のメリットは、将来利息や遅延損害金がカットできることです。減額することができなかったとしても将来利息をカットできるので、消費者金融の高い金利が今後かからなくなることは、ある意味大きな減額といえます。

天秤

手続きができる人

任意整理が手続きできる人は、安定した収入があり減額後の借金を3年から5年で返済することができるだけの返済能力がある人です。そのためパートやアルバイトの人でもできます。主婦の方でも家族からの収入があれば利用できます。

多く利用される理由とは

本

制限が軽い

任意整理の特徴は現在の負債に対して利息の取り立てをストップさせる他、高き金利をカットさせる事により、完済しやすくなります。特に督促状がストップされる事で精神的なストレスの開放にも期待できます。その上、返済困難な負債を再度、法律に定められた利息に直されて計算される為、返済までの具体的なプランを組み直してもらう事ができます。任意整理を行う歳こ、高い利息を払い続けていた場合過払い金が発生する事もあります。場合によってはこの発生した過払い金で残りの借金をゼロにする事も可能です。もしゼロにする事が出来なくても過払い金が発生していれば残りの借金額を大幅に減額する事ができ、結果返済までの期間と縮める事もできます。任意整理の特徴としては個人再生や自己破産と違い手続きなどに複雑な申請や条件が無いため利用する人が一番多い傾向にあります。中には複数の金融業者から負債を抱えている場合、一部の金融業者にのみ任意整理を行う事もできます。これらの特徴を踏まえて自分の適した債務整理の方法を取る事が最善の選択となります。もちろん任意整理にもデメリットが存在します。それは信用機関などからの個人の信用を失う事です。信用を失ってしまうと任意整理の場合には5年間の間、ローンを組む事はおろか、連帯保証人や新たにクレジットカードを作る事ができなくなります。この為、生活にいくつかの制限がついてしまいます。しかし、任意整理を行えば本来、完済する事が難しい負債を完済する事が出来るようになります。